愛する家族の想いを包む

残されたご家族に自分の持ち物が負担になるのでは・・・という不安はご家族と一緒に解消できます。

生前整理(せいぜんせいり)とは、生きているうちに死後のことを考えて身辺や財産の整理をすることをいいます。
嫌な話ですが、事故や災害、病気によって命を落とす可能性は誰にでも平等にあるので、亡くなった後のことを考えて準備を始めるのは決して悪いことではないのです。
そういった意味では、生前整理を始めるのに早すぎるということはなく、20代・30代の若い方から、終末を見据えた高齢者の方まで、幅広い年代で終活や生前整理が一般的になりつつあります。

生前整理には色々な側面がありますが、橋本風呂敷屋は「残される家族などの負担を減らすため」という点をお手伝いさせて頂きます。
大抵の方は、亡くなった時点である程度の財産を持っているかと思いますが、死んでしまった以上は自分で処分することができません。財産を処分するのは、残される家族や友人・知人といった人たちになりますから、この人達が困らないように、どんな財産があるのか、どうやって処分してほしいのかを明確にしておくのは非常にありがたいことです。

生前整理では、単に断捨離を強制するというわけではなく、必要に応じて物を減らしたり遺言を行って物の行き先を決めるのが基本ですから、全く手付かずで亡くなるよりは少しでもしておいた方が、残される家族などの負担は絶対に小さくなります。

 

このような悩みがありましたらぜひ当社へご相談下さい。

  • ご自分の将来への不安(急逝・寝たきり等、人生に何がいつ起こるか分からないもの)があり、体や頭が元気な内に自分の人生を見つめこれからの人生をよりよく生きるために不要な物は処分し今後の不安をなくしたい
  • 残される愛する家族へ自分の死後に負担をかけたくない
  • 荷物が多くご本人様に聞かないと分からない物があふれている

生前整理の進め方

生前整理は「ご家族に負担を掛けたくない」というお気持ちが芽生えたときにご依頼を頂きます。
ご依頼主様の愛あるお気持ちと共に、もしもの時に備えることで、将来への不安を少しでも取り除くお手伝いが出来たらと考えております。

 

エンディングノート

お客様と一緒に人生・想い出を振り返り、楽しみながら作成していきます

仕分け・処分

いる・いらない・移動(想い出)・迷いの4つに分類していきます

写真

写真を整理して、ベストな写真を選びアルバムを作成します

生前整理帳

人生の振り返り、ご自分の葬儀のプロデュース、やり残しリスト、大切な人へのメッセージ、これからの未来へのプランニングを作成します
終末の迎え方(介護や延命処置等)もリストにし、ご自分に何かあった時に連絡をしてほしい人もリストにします